SDC鈴木糖尿病内科ごあいさつ

2010年7月20日 SDC 鈴木糖尿病内科が開院しました。

気軽に相談できる「かかりつけ医」の便利さをいかしながら糖尿病専門医の診療が受けられる医院を目指します。糖尿病患者様だけでなく、高血圧や脂質異常症など生活習慣病を中心に内科全般の診療を行います。

糖尿病は生涯にわたり診察や検査が必要な病気です。

私は、医師になって15年以上継続して地域の基幹病院で糖尿病診療にあたり、時間の経過とともに代わりゆくライフスタイルと患者様の病状にあわせた治療をすることの重要性を痛感しました。ひとりひとりの価値観や生活様式にあわせた治療を提案し、詳しい検査と丁寧な診察で安心して通院をしていただくことは大変重要です。患者様の希望を尊重し、治療方法は必ずしもひとつでないことを念頭にいれて診療にあたります。

糖尿病は早期診断・早期治療がとても有効な病気です。

糖尿病予備群や軽症糖尿病の患者様を対象に、糖尿病教室での集団指導やオーダーメイドの個別指導による初期教育を積極的に行います。糖尿病の罹病期間が長い患者様には、まず各種合併症を評価し、状態にあわせた個別指導と根拠に基づいた医療(EBM, evidence-based medicine)を行い、必要に応じて近隣の医療機関と連携して診療にあたります。

糖尿病で最も重要な治療は患者様への教育です。

当院では火曜午後に糖尿病教室を開催しますが、それ以外にも必要に応じて糖尿病の勉強会を開催します。ご本人だけでなくご家族を交えて糖尿病についての指導を行います。生活習慣の改善にはご家族の協力が不可欠であり、勉強会や栄養指導の際には同居してみえる方、特にお食事を作られる方の同伴をお願いします。糖尿病の診療は病歴の聴取に時間がかかるため予約での受診をお勧めします。なお、火曜午後以外は完全予約制ではありませんので予約外の診察も受け付けております。皆様の御来院を心からお待ちしております。

ページの先頭へ

SDC鈴木糖尿病内科院長プロフィール

鈴木糖尿病内科院長写真

鈴木糖尿病内科院長 鈴木厚

学会・地域活動と論文・講演など業績

学歴

  • 碧南市立新川小学校卒業
  • 東海中学・東海高校卒業
  • 大阪医科大学医学部医学科卒業
  • 名古屋大学大学院医学研究科卒業
  • 大学院在学中に東京女子医科大学糖尿病センター留学

職歴

・1994年~1998年
大垣市民病院で研修後、内科医員
・1998年~2005年
大垣市民病院で糖尿病外来診療継続

名古屋大学大学院医学研究科卒業後、
名古屋大学付属病院内科医員を経て、
総合上飯田第一病院糖尿病内科を開設

・2005年~2010年
大垣市民病院糖尿病・腎臓内科医長

「紹介記事:JMマンスリー・糖尿病の病診連携(PDFファイル)

資格

  • 日本糖尿病学会専門医・研修指導医
  • 日本内科学会認定内科医
  • 医学博士
  • 日本医師会認定産業医

ページの先頭へ

鈴木糖尿病内科医師のご紹介

鈴木糖尿病内科理事長

略歴

  • 碧南市立新川小学校・新川中学校卒業
  • 岐阜県立岐阜高校卒業
  • 岐阜県立医科大学(現岐阜大学医学部)卒業
  • 岐阜大学大学院博士課程を修了し同大学第一内科助手
  • 西尾市民病院内科医長を経て鈴木内科胃腸科医院開院
  • 資格:医学博士

ページの先頭へ